メティの効能や使い方!レシピのおすすめ3選をご紹介!

最近注目されているインドのスーパー野菜「メティ」の効能や使い方、料理レシピのおすすめ3選をご紹介します!

メティの効能

今回メティについて調べてみると、驚くほどたくさんの効能があることがわかりました!

メティは西洋名ではフェヌグリークと呼ばれ、カレーのスパイスにもよく使われているので、こちらの呼び方の方が馴染みがある方も多いかもしれませんね。

ちなみにメティは

  • 種の時はメティダナ
  • 葉の時はメティ(メティリーフ)
  • 葉を乾燥させたものはカスリメティ

と呼び方が変わります。(インドではまとめてメティと呼ぶこともあるみたいですが)

食用としてはもちろん、古くから薬草としても使用されており、その歴史は約5000年前の古代エジプトまでさかのぼるのだとか!

最近では世界的にもメティの種(フェヌグリーク)から成分を抽出したサプリメントは注目されているんですよ。

なんだかすごそうなメティ…!

気になる効能についてまとめてみました。

胃腸を整える

メティには胃腸を整える効果があり、胃の不快感や胸焼けを改善します。

消化を助け、溜まったガスを排出する作用もあり、便秘にも効果があります。

実際に、メティの葉を食事でとった次の日は胃の爽快感を感じるという人も。

二日酔いが辛い時などにメティの種をつぶして淹れたハーブティーを飲むのもおすすめです。

女性ホルモンを活性化

メティには女性ホルモンを活性化させるジオスゲニンやイソフラボンといった成分が含まれており、PMS、月経痛、更年期障害を和らげる作用があるそうです。

私の周りでもPMSで辛い思いをしている人は多いので、メティをすすめてみるのも良いなと思いました。

また、メティには鉄分が豊富に含まれているので、鉄分不足を補うこともできますよ。

じゃがいもやトマトと一緒に食事でとることで吸収しやすくなるので、のちほどおすすめのレシピを紹介しますね。

バストアップにも効果あり

メティに含まれるエストロゲンにはホルモンバランスを整え、女性らしいからだをつくる作用があります。

うまく取り入れればバストアップも期待できそうですね。

血糖値・コレステロール値を下げる

メティには血糖値やコレステロール値、中性脂肪をコントロールする効果があるそうです。

糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病の予防にも役立ちますね。

脳の老化を防ぐ

メティには脳細胞が活性化する効果もあるそうです!

最近の研究で、メティに含まれるコリン、ジオスゲニン、トリゴネンという成分に効果が見られたとのこと。

認知症やアルツハイマー病の予防にも良いと言われています。

ダイエットにも効果的

メティに含まれるコリンという成分には脂質の代謝を促し、体脂肪の分解を助ける作用があると言われています。

メタボリックシンドロームの予防にも効果がありそうですね。

私も近頃は年齢のせいか代謝がかなり落ちているので、メティを取り入れてみたくなりました!

男性ホルモンを活性化

メティには男性ホルモンのひとつである、テストステロンの分泌を促進する効果があるそうです。

それにより、筋肉を増やしたり、精力の増強にも効能を発揮すると言われています。

女性ホルモンだけでなく男性ホルモンにも効くなんてなかなか万能ですね。

母乳を増加させる働きも

メティの成分であるサポニンやジオスゲニンには授乳中の女性の母乳を増加させる効果もあるそうです。

授乳中の方向けにメティがブレンドされたハーブティーも販売されていますよ。

ただし、メティには子宮を刺激する作用があり、早産の可能性を高めることから、妊娠中の方は控えるようにしましょう。

もちろん授乳中の方も過剰な飲み過ぎは禁物です。1日の摂取量を確認して適量をとるようにしてくださいね。

炎症をしずめる

メティには、口内炎や喉の痛み、皮膚の炎症をしずめる効果もあるそうです。

火傷や湿疹の傷跡を目立たなくさせる効能もあるとのこと。

湿布の使用法についてはのちほどご紹介しますね。

ニキビ・しわを防ぐ

メティにはニキビ・しわを予防するスキンケア効果も期待できます。

ただ、メティを配合したスキンケア商品はまだあまり見かけられませんでした。これからもっと注目度が高まればどんどん開発されていくかもしれないですね。

中には、メティのパウダーを購入して自作のフェイスパックを作る方もいるみたいです。

つやつやの黒髪に

メティにはなんと育毛効果まであるそうです。

メティの種のペーストを直接頭髪に塗ることでつやが出てくるのだとか!

髪を増やす効果があるスパイスではシナモンが有名ですが、メティにも同じような効果があるとは驚きですね。

産後の抜け毛がひどいので試してみたいです。

注意してほしいこと

・メティにはたくさんの効能があることをこの記事ではご紹介していますが、だからといって過剰な摂取は控えましょう。

・メティの葉を食事でとる分などには問題ありませんが、メティの種の成分をサプリメントなどで摂取する場合は必ず適切な量を守るようにしてくださいね。

・メティには血糖値を下げる効果がありますので、現在糖尿病を治療中の方は低血糖症になる恐れがあります。使用の可否については必ず医師の指示に従ってください。

・子供にメティの種のハーブティーを与えたところ、意識障害が出たという報告もありますので注意しましょう。

・メティはマメ科の植物なので、大豆やピーナッツのアレルギーがある方は注意してください。

メティの使い方は?

メティの葉を料理に使いたい!と思っても日本ではなかなか手に入りにくいのが現状です。

しかし、メティの種やそれを細かくパウダー状にしたものであれば専門店や通販サイトで購入できます。

この項目では、手軽にできるメティの使い方をご紹介します!

カレーや肉料理のスパイスに

一番ポピュラーなのはカレーのスパイスに使うことです!

とはいえ、スパイスをたくさんそろえて一からカレーを作るのは大変ですよね。

なので、市販のルーで作るいつものカレーにメティシードのパウダーをちょい足ししてみるのがお手軽かと思います!

メティは結構苦味が強いので入れるときは少しずつ味見しながら入れてみてくださいね。

また、肉料理にも合うので、下味をつける時などにメティをプラスすることでより本格的な味になりますよ。

ハーブティーにしたり紅茶の香り付けに

メティの種をつぶしてハーブティーにして飲んだり、いつもの紅茶にメティのパウダーを少し加えてみるのがおすすめです。

メティシードやパウダーは通販サイトなどで少量パックから販売されていますので、気軽にお試しができますよ。

メティや他のハーブをブレンドしたティーバッグだあれば初めてでも飲みやすいと思います。

ハーブティーの作り方

簡単にできるメティのハーブティーの作り方を紹介します。

  • 大さじ1杯程度のメティの種をつぶします。
  • ティーポットにつぶしたメティを入れ、熱湯を注ぎます。
  • 3〜5分蒸らせば出来上がりです。

苦味を感じる場合は、ハチミツやオリゴ糖、レモンを加えると飲みやすくなりますよ。

よかったら試してみてくださいね!

煎じ湯にして飲む

沸騰したお湯にメティのパウダーを少量加えてしばらく弱火にかけます。

それから茶こしでメティを取り除いた残り湯を飲みます。

喉の痛みにも効くので、煎じ湯を冷ましてからうがいするのも効果的です。

湿布にして貼ったり頭髪に塗る

効能のところでもお伝えしましたが、メティには皮膚の炎症をしずめる作用や、育毛効果があります。

気になる方はぜひお試しください。

湿布にして貼る

メティのパウダーをペースト状にしたものをきれいな布で湿布にして患部に貼りましょう。

頭髪に塗る

同じくペースト状にしたものを頭皮に塗って20分くらい待ってからシャンプーでしっかり流しましょう。

メティのペーストの作り方

メティのパウダーに沸騰させたお湯を少しずつ混ぜて練ればできあがりです。

料理などで使いきれなかった分があれば作ってみても良いですね!

メティを使ったレシピのおすすめ3選

メティを美味しく食べられるレシピを3つご紹介します!

アルメティ

もし生のメティの葉が手に入ることがあれば、ぜひ作ってみたいレシピがアルメティです。

「アル」はじゃがいもの意味で、じゃがいもとメティの葉を使ったインドの家庭料理になります。

メティには鉄分が多く含まれていて、じゃがいもと一緒にとることで吸収を促し、鉄分不足を補うこともできますよ。

材料

メティの葉 適量
じゃがいも 2個
にんにく 一かけ
しょうが 一かけ
グリーンチリ 1本
ターメリック 少々
クミンシード 少々
コリアンダー 少々
塩 少々
油 大さじ1

作り方

1.メティの茎から葉を取りはずします。料理に使うのは葉の部分のみです。細かく刻んで水で洗い、水分を絞っておきます。にんにく、しょうが、グリーンチリはみじん切りに。

2.じゃがいもは食べやすい大きさにカットし、蒸すかレンジで加熱しておきます。

3.鍋に油を入れて温め、クミンシードを入れて茶色くなるまで炒めます。

4.にんにく、グリーンチリを加えて少し炒めてからしょうがも入れて一緒に炒めます。

5.しばらく炒めたらじゃがいもも加えます。

6.炒めながらターメリックを少し加えます。

7.しばらく炒めて、メティを加えます。

8.しんなりしてきたらコリアンダーを少々入れます。

9.全体をよく混ぜ合わせてできあがりです。

メティには春菊のような苦味があるので、最初は少なめに入れて味を見てみるのが良さそうですね。

慣れるとこの苦味がクセになり、また食べたくなるらしいですよ!

もし生のメティの葉が手に入らない場合は、乾燥させたカスリメティを水で戻して代用することもできます。

メティを使った本格スパイスカレー

メティのスパイスを使った本格的なカレーのレシピをご紹介します。

↑このレシピならスパイスはメティ(フェヌグリーク)とチリペッパーがあればOKなので作りやすいですね。

↑イワシを使ったカレーも美味しそうです。生魚はさばくのが大変だったら缶詰を使うと良いですね。

シュクメルリ

松屋の期間限定メニューとしても話題になったジョージア国の郷土料理シュクメルリです。

メティ(フェヌグリーク)を加えることでより本場の味を再現できますよ!

見た目からは意外かもしれませんが、白いご飯に合うと評判です。

まとめ

以上、メティの効能や使い方、レシピのおすすめ3選のご紹介でした!

調べてみてまさかこんなにたくさんの効能があるとは驚きでした。

胃腸を整えたり、女性ホルモンを活性化したりと、どれだけ万能なんだろうと思います。

だからこそインドでは家庭料理にメティがたくさん使われているんでしょうね。

生のメティはなかなか手に入りにくいですが、メティシードのハーブティーは一度試してみたいなと思いました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました